港区の賃貸マンションのおすすめはウォークインクローゼットあり


港区で賃貸物件を探している方におすすめしたいのが、ウォークインクローゼットありの賃貸マンション。快適に過ごすためには欠かせないのです。

住みやすさで選べば港区が最適

c267278edda5d1a398950ec221bf157a_m

入居困難だったバブル期を経て、2000年頃から湾岸エリアを中心にマンションが増加。

現在は人口と共にマンションも増え続けています。

港区は都会でありながら意外に自然豊かなエリア。

庭園や公園は多くあり、東京湾からも遠くありません。

治安に関しては心配ありません。港区は都内でも犯罪発生率の低い街。

大使館が港区に集まっているので、常に厳重警備が行われているからです。

平和に落ち着いて暮らせます。

東京ミッドタウン、六本木ヒルズ、赤坂サカス、汐留シオサイトなどの商業施設があるので、楽しいショッピングや食事をすることができます。

教育の環境が素晴らしいのも港区の特徴。

三田・芝公園には慶應義塾大学、白金台には東京大学の医科学研究所、三田には東京インターナショナルスクールといった教育機関があります。

・賃貸マンションを選ぶのなら港区

 

日本と外国の富裕層が多く暮らしているエリアが港区。

マンション暮らしの方が圧倒的で、約9割が集合住宅住まいといわれています。

赤坂・青山・麻布は低層マンション、白金・麻布十番・芝はレジデンス、品川から新橋辺りはタワーマンション。

賃貸マンションが港区にはたくさんあるので、探す苦労はないといえます。

港区において、賃貸マンションの人気が特に高いのが、麻布十番、表参道、白金。

家賃の相場は都内でもトップクラスに入ります。しかし、築年数が経っている賃貸も少なくないので、お手頃価格で暮らせる可能性も。

麻布十番は大使館の密集エリアであるため、街には国際的ムードが。

昔に比べて交通の便が良くなり、賃貸の人気が上昇。賃貸マンションの数は増え続けています。

スーパーやコンビニは意外にも多く、有名な麻布十番商店街へも徒歩圏内。充実した生活を過ごせます。

白金や表参道は、緑が溢れていて、公園が多くあります。治安は特に良好なので、小さいお子様やお年寄りがいるご家庭向きのエリアといえるのが港区でしょう。

賃貸マンションを選ぶ際のポイントは、ウォークインクローゼットの有無。衣類や荷物の整理に便利です。築年数の浅い賃貸マンションであれば、容易に探せるはず。ウォークインクローゼットありの賃貸マンションを探すようにしましょう。

・港区にある賃貸マンションの家賃相場

家賃相場は、港区内によって異なります。

ただ、都内の家賃平均よりはやや高めです。

1K12万円前後、1R1DK15万円前後、2DK20万円前後、2LDK以上なら30万円前後が相場といえます。

物件のロケーション、または築年月次第では、格安物件が出てくることもあるので、よく探すようにしましょう。

ちなみに、ウォークインクローゼットの有無で家賃が大きく異なることはないといえるので、ご安心ください。

 

港区の生活環境や賃貸マンションについて説明してきました。

賃貸マンション選びは港区が適していることがご理解いただけたのでは。

選ぶポイントはウォークインクローゼットあり。

素敵ない物件は、すぐに買われてしまうもの。

後悔しないためにも早めに決断するようにしましょう。